ようこそ ゲスト 様  ログイン

BI-SU体験記

美容ジャーナリスト・齋藤薫様より体験記をご寄稿いただきましたので、ご紹介いたします。

齋藤様は有名女性誌や美容雑誌にて長年、数多くの連載を持ち、化粧品の解説から開発、生き方に及ぶあらゆる美を追求していらっしゃいます。その力強く、美しいメッセージに共感する女性ファンも多数。

 

今回はエキスゼリースティックやフェイスクリームなどを実際にご使用いただき、その体験記を会報誌2月号へ掲載させていただきました。天然アナツバメの生命の息吹を感じられる素晴らしい文章です。ぜひ最後までお楽しみくださいませ。

 

※本来であれば、会報誌のみの掲載となるところ、齋藤様の御好意もあり、当サイトでの公開となりました。

 

 

 

 

 

ローヤルゼリーの200倍の美容効果?

 

気づいていただろうか。

自然成分と言われるものには、植物性ではない、動物性でもない、第3のカテゴリーとしか説明しようのない“特別な自然の恵み”があることを。それは、掛け替えのない命を育てる“自然の保育器”とも言うべき「巣」‥‥‥。

 

 例えば卵の殻や、蜂の巣、また人間の胎盤もそこに当てはまるはずだが、もう一つ、忘れてはならないのが「ツバメの巣」。そこに想像を絶するほどの力が潜んでいることが、今にわかに注目を浴びているのだ。

 

 いわゆる胎盤エキスは、全方位の効果を持つ究極の美肌成分として、昔からよく知られているが、 じつは「ツバメの巣」も胎盤エキスと同じような全方位性を持つのはもちろん、さらに神秘的で極めて貴重。日本では採取できないこともあり、高級食材としての希少性も極めて高い。とりわけローヤルゼリーの200倍の美容効果を持つアナツバメの巣は、まさに“自然界の贈り物”と呼ぶにふさわしいミラクルな力を秘めている。「ツバメの巣」それ自体は“生き物”ではないけれど、逆に生き物以上に生命力を増殖させる驚くべきメカニズムを持つことがわかっているのだ。

 

 

 

 

巣は人間の知恵も叶わない命の製造工場

 

考えてみて欲しい。

生まれたばかりの幼くか弱い命を外敵から守りつつ、すくすくと大きく逞しく育てるための命のファクトリーが、どれほどの優れた働きを持っているのか。それこそ独り立ちできるまでに育て、過酷な自然界に解き放つ、そこまでの生命力を蓄える自然の摂理は、私たちの想像をはるかに超えていく。とてつもない長い時間をかけて、粛々とデザインされ、命を営む仕組みを作ってきた巣は、人間の知恵も叶わないほどの生命維持機能の結晶なのだ。

 

 当然のことながら、単なる美容効果だけではない、健康を守るのはもちろん、とてつもないエネルギーや栄養を惜しげもなく与えていく。タンパク質と多糖類が結合したムチンが主成分。上皮細胞成長因子(EGF)といった類を見ないエイジングケアの宝庫として、私たちにも素晴らしい恵みをもたらしてくれるのだ。

 

 

 

 

昔から存在する「ツバメの巣の神話」は全て本当だった!

 

美容界には「ツバメの巣神話」がある。

楊貴妃や西太后が毎日のように食したと言われるくらい、力強い美容効果が噂されているからだが、それだけに海外では、最高級と言われるアナツバメの巣にも、養殖ものや偽物までが市場に出回る残念な事態となっている。

 

だからこそ最上級の天然物100%にこだわってこだわって、他に例を見ない「アナツバメの巣」の一大ブランドを築き上げたのが、この「BI-SU」なのである。

 

初めて体験した時、いつもと全く違う自分に目を見張ったもの。自分の中でも今、「ツバメの巣」を食べる美容は全く別格のものとなっている。高級品がもたらす高揚感だけでも人は輝くものだが、この高級品はそのままそっくり肌の輝きになる。いや、目の輝き、髪の輝きまでを期待していいのだろう。まさにあらん限りの力で、人を美しくしてくれる、それが究極の自然物がもたらす生命力なのである。

 

 

 

 

あくまでサスティナブルな天然100%のミラクルエイジングケア

 

この奇跡的な美容の素から最大級の恩恵を受けるために、おそらく地球上で最も上質な巣を得られる“ボルネオの洞窟”にあくまでこだわり、その地への多大な投資と手厚いサポートも惜しまない。「BI-SU」のこの取組みは、今この時代にあってとても尊い行為。自然へのリスペクトと人を美しくする使命感が、ひしひしと伝わってくる。

 

ちなみに、使用済みの巣は二度と使われることがなく、生態系を壊したりは決してしない。そういう意味でもサスティナブル。それでもここまで贅沢な恵みをくれる自然界に感謝したい気持ちでいっぱいになるのである。

 

自然回帰の時代、同じように自然がもたらす価値でも、オーガニックやナチュラルなどとはまた全く違う、ドキドキするほどリアルな生命力をもたらす天然物100%の底知れない力を、今こそ知って欲しいのである。

 

 

 

エキスゼリースティックはこちら

 

フェイスクリームはこちら

 


 

プロフィール

美容ジャーナリスト・齋藤 薫

 

女性誌編集者を経て美容ジャーナリストに。女性誌において、多数の連載エッセイを持ち、幅広く活躍。「美しく生きること」について、独自の見解を発信し続けている。著書に、『美容の天才365日』『あなたには”躾”があるか?』『されど、“服”で人生は変わる』『”一生美人”力』ほか多数。

 

 

《 戻る